自毛植毛後の注意点とは

自毛植毛は自分の頭皮を切除し、毛根を薄毛部分に植毛する治療法です。

根本的に薄毛を解消出来るという事もあり、様々なタイプの薄毛・脱毛症に悩む方が施術を受けています。
ただ、自毛植毛は外科的な手術という事もあり、施術後には注意したい点がいくつかあります。施術を受ける際は、施術後の注意点をしっかり把握しておく事が大切です。

まず、施術後は飲酒・喫煙は絶対にNGです。

施術後にアルコールを飲むと、傷みが強くなる傾向があります。


また、タバコは毛細血管を収縮させ血流を悪くする作用がある事から、毛根の定着率を下げると言われています。


植毛した毛根がしっかり定着しなければ、自毛植毛を受けても薄毛を改善する効果は落ちてしまいます。施術の効果を最大限生かすには、自毛植毛後最低でも1週間程度はアルコール・タバコは控えましょう。

運動も施術直後は、行わない事が大切です。



ウォーキングなど軽い運度は、施術後1週間程で行えます。
ただ、サッカーなど頭にボールが当たるようなスポーツは、施術後1か月間は控える方が無難です。
ヘアスタイリング剤を使用するのも、施術直後は控える必要があります。ムースやジェルなどのヘアスタイリング剤も、基本は1週間控えます。
ヘアカラーやパーマの場合は1ヶ月程度、行わないようにしましょう。

自毛植毛の詳細情報を掲載しています。

このように、自毛植毛後には色々と注意したいポイントがあります。



多くのクリニックが無料でカウンセリングを行っているので、まずはカウンセリング時に石から注意点を説明してもらう事がおすすめです。