自毛植毛と人工毛植毛の違い

現在のように自毛植毛手術の技術が発達していなかった時期には、人工毛植毛も広く行なわれていました。

人工毛植毛は合成繊維などでできた毛を頭皮に植え付ける手術です。生きた毛根を移植するわけではないので、頭皮に定着することはなく、いずれは抜けてしまいます。そのため一定期間が経過すれば、メンテナンスや再手術が必要になります。
また人工毛は人体にとって異物であるため、アレルギー反応や炎症を起こすリスクも考えられます。

薄毛といえばこちらのサイトです。

これに対して自毛植毛は、自分自身の組織の一部を採取してドナーとするため、異物反応がないというメリットがあります。もちろん手術ですから、出血や感染症を防ぐ対策は重要ですが、毛根自体が人体に悪影響を及ぼすことはありません。

また生きたままの毛根が定着すれば、半永久的に髪の毛が生えかわることになり、特別なメンテナンスは必要ありません。技術的な難しさという点をクリアできれば、人工毛植毛よりも利点が多くリスクの少ない方法と言うことができます。



ただし自毛植毛は自分の毛根を使うため、ドナーの本数に限りがあります。

好きなだけ移植するというわけには行きませんし、何度も繰り返して手術を受けることはできません。また移植してから一定の期間は、髪の毛が抜けたり短い状態のままで過ごす必要があります。



植毛できる本数に制限がなく、手術直後から増毛効果が実感できるという点では、人工毛植毛のほうが勝っているとも言えます。